HOME > プログラム > 流量計算(排水)@Web

動作確認ブラウザ

流量計算(排水)@Web

管径と勾配と粗度係数から流量と流速を求めます。

管径(D)

mm

勾配(I)

%

粗度係数(n)

粗度係数(参考値)
鉄筋コンクリート管/陶管 : 0.013
硬質塩化ビニール管/強化プラスチック複合管 : 0.010

流量(Q)

L/sec

流速(V)

m/sec

▲ このページの先頭へ行く

使い方

1.Manning公式(満流)かKutter公式(満流)かを選択します。

2.管径と勾配と粗度係数を入力します。

3.「計算」ボタンを押すと結果が表示されます。

4.「リセット」ボタンを押すとすべての項目が初期値になります。

※数値は半角英数字です。小数点も可。入力すべき項目が 0、空白、文字列などですと正しく計算されません。

※灰色の項目は書き込む必要のない項目です。計算の際、空白にする必要はありません。手動書き込みを考慮して内容は変更できるようにしてあります。

※下の二つのテキストエリアは右下角をドラッグすることで大きさを変更できます。(GoogleChromeとFirefox)。

▲ このページの先頭へ行く

書き込み

求めた計算結果をテキストエリアに書き込むことができます。

1.「計算と同時に書き込む」にチェックを入れておくと、「計算」ボタンを押したときに計算と同時に書き込まれます。

2.手動で書き込む場合には「手動書込」ボタンを押してください。

3.テキストの全消去は「クリア」ボタンです。

4.各項目はチェックボックスのオンオフで書き込みの選択ができます。

5.上のテキストエリアはweb上で見にくくならないよう、計算結果を切り捨て処理し、小数点以下第二位まで表示します。

6.下のテキストエリアは端数処理をしていません。また、エクセル用にCSVとして読み込めるよう、すべての項目をカンマ( , )区切りにしています。

7.テキストエリア内をクリックするとボックス内のテキストが選択状態になります。コピーはされないので、右クリックか ctr+C でコピーしてください。

▲ このページの先頭へ行く

エクセルとCSV

選択したテキストをコピーしてそのままエクセルシートに貼り付けるとひとつのセルに貼り付けられてしまいます。
これを各項目ごとにセルを分けて貼り付けるためにCSV形式のファイルを利用します。

1.コピーしたテキストをテキストエディタなど(Windowsなら「メモ帳」など)に貼り付けて、ファイルをCSVファイルとして保存します。名前は任意。拡張子が( .csv )の形式です。

2.保存したCSVファイルをエクセルで開きます。カンマ( , )で区切った各項目がそれぞれ別セルのデータとなります。

3.エクセルファイルとして名前をつけて保存します。

▲ このページの先頭へ行く

PR

人気コンテンツ

水理計算の基礎知識コンテンツ

水理計算機@WEBコンテンツ

水道屋さんの道具箱からお知らせ

水道屋さんの水理計算書お客様の声

水道屋さんの道具箱ツイッターリンク

皆様のご意見をお聞かせください

サイトで扱う情報やプログラム等に関しまして、皆様のご意見・ご要望をぜひお聞かせください。
ご意見箱フォーム

正当なCSSです!

このページはW3Cの規格に準拠しています。